安全性を最優先したスズメバチ駆除の方法

安全性を最優先したスズメバチ駆除の方法

人家周辺に巣を作った害獣や害虫は、駆除しなければいけません。
動物愛護の精神は大事ですが、子どもたちや高齢者がスズメバチやイノシシ、野良犬の被害に遭っては本末転倒です。
野生動物による被害は年々減ってきていると言われていますが、場所によっては逆に害虫と害獣による死亡事故や大怪我の事例が相次いでいます。
スズメバチの巣はすぐに駆除しなければ時間経過と共にどんどん巨大化します。
また後で、という考え方では手遅れになりますので、迅速に駆除の決断を下しましょう。
ただ安全性を考慮すれば、素人だけの駆除は極めてリスクが高いです。
一般家庭に、いわゆるスズメバチ用の防護服があるはずもありませんし、撃退に必須な掃除機や金属製の網等も無いです。
スズメバチは害虫の中でも死亡事故が多発する案件ですので、安全性を最優先するためにも、地元の業者または市役所に相談しましょう。
下手に巣を攻撃してはスズメバチの大群による反撃を受けますので、専門的な知識と道具を揃えた業者に一任した方が安全性を全て満たせます。

人家の安全性を守るためにも害獣駆除が必須

野生動物は私たちの想像を超える凶暴性を持っています。
私たちは愛くるしい動物たちの姿に慣れており、野生の犬やイノシシ、シカ、アライグマ、クマ、タヌキなどもペット的に手懐ける事が可能だと錯覚しがちです。
しかし、現実的には人を襲う野生動物が大半であり、年々野山が疲弊している日本列島では、そういった害獣による作物被害と傷害、死亡事故が多発しています。
人家や人命に被害が出てから駆除しては手遅れです。
作物、村や町の安全性を考慮すれば残念ですが害獣駆除が最もベターな戦略となります。
特に人家に被害をもたらすイノシシやアライグマ、クマ、ハクビシンは優先的に駆除しなければいけません。
凶暴性があり、人家で暮らす家畜やペット、小さな子どもが大怪我または死亡する事故も起きていますので、事前に対策を講じるのがベストです。
ただ民間人が駆除をすると、自治体の条例や法令に触れる恐れがありますので、 撃退する対象が害獣とは言え、素人が手を出してはいけません。
必ず専門家に連絡を取り、プロのハンターや業者に代行してもらいましょう。

check

チケットショップ 池袋

Last update:2017/11/30